事業内容

事業内容

 地域産業保健センターでは、労働者数50人未満の小規模事業場の事業者や小規模事業場で働く人を対象として、労働安全衛生法で定められた保健指導などの産業保健サービスを提供しています。
各サービスの利用にあたっては、事前の申し込みが必要です。

 なお、利用回数には制限があるため、2回以上利用するときは利用をお断りする場合があります。

 詳しくは最寄りの地域産業保健センターもしくは広島産業保健総合支援センターへお問い合わせください。

労働者の健康管理(メンタルヘルスを含む)に係る相談
労働安全衛生法に定められている健康診断で、脳・心臓疾患関係の主な検査項目(「血中脂質検査」「血圧の検査」「血糖検査」「尿中の糖の検査」「心電図検査」)に異常の所見があった労働者に対して、医師または保健師が日常生活面での指導などを行います。
また、メンタルヘルス不調を感じている労働者に対して、医師または保健師による相談・指導を行います。
産業保健関係者からの専門的相談対応
産業医学、労働衛生工学、メンタルヘルス、労働衛生関係法令等に豊富な経験を有する専門スタッフが、産業保健に関する様々な問題について、窓口、電話、メール等でご相談に応じ、解決方法を助言しています。
また、事業場の具体的な状況に応じた専門的な支援が必要な場合には、事業場を訪問する実地相談も実施しています。
健康診断の結果についての医師からの意見聴取
労働安全衛生法に定めれている健康診断で、異常の所見があった労働者に関して、その健康を保持するために必要な措置について医師から意見を聴くことが出来ます。
長時間労働者に対する面接指導
時間外労働が長時間に及ぶ労働者に対し、疲労の蓄積状況の確認など医師による面接指導を行います。
個別訪問による産業保健指導の実施
医師または保健師が事業場を訪問し、作業環境管理、作業管理、メンタルヘルス対策等の状況を踏まえ、労働衛生管理について総合的な助言・指導を行います。

提供するサービスは、原則すべて無料です