新着情報

労災疾病等医学研究普及サイトの御案内「運動器外傷機能再建(中間報告)」について

手・足・背骨(脊椎)、骨盤など、体を支えて動かす働きのある器官を運動器と言います。これらの運動器に骨折や捻挫などの外傷が加わると、立つ、歩くといった日常動作に大きな支障が出ます。この状態を「運動器外傷」と言います。

データベースに登録した症例を対象とし、受傷後6か月、1年、2年で診療情報を収集、分析を行っています。

詳しくは 「労災疾病等医学研究普及サイト」をご覧下さい。