独立行政法人 労働者健康安全機構広島産業保健
総合支援センター


地域産業保健センター

保健師小規模事業場訪問支援

労働者の健康管理は保健師にお任せください ※ 労働者50人未満の事業場が対象

働き方改革関連法施行後の改正労働安全衛生法により、労働者50人未満の事業場であっても、医師又は保健師が労働者からの健康相談に応じるための体制の整備が求められています。

また、一般健康診断の結果、特に健康の保持に努める必要があると認める労働者に対し、医師又は保健師による保健指導を行うように努めなければならないとされており、企業において、保健師を活用して健康管理を推進していただくために、広島産業保健総合支援センターでは、常勤の保健師を配置して、「無料」で以下の支援を提供しています。《支援対象は労働者50人未満の事業場》

健康(メンタルヘルスを含む)相談の対応

  • 事業者からの労働者の健康管理全般に関する相談に応じます。
  • 労働者から寄せられる健康診断の結果等の健康に関する相談に応じます。
  • メンタルヘルス不調を自覚し、自ら相談を希望する労働者だけではなく、当該労働者を使用する事業者からの相談に応じます。

健康診断結果に基づく健康保持・増進のための助言

  • 定期健康診断結果について、脳・心臓疾患関係の主な検査項目(血中脂質検査、血圧の測定、血糖検査、尿中の糖の検査及び心電図検査)等の有所見者に対し、改善に向けた取組ついて、食生活を含む生活習慣等の助言、健康管理に関する情報提供を行います。
  • 事業場を訪問しての上記支援を行う場合は、労働者の健康管理等に関する理解を促すため、労働者に対して健康講話を併せて行うことが可能です。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お申込みは、「そのお悩み、保健師が解決!」チラシのFAXか、メールで申込をお願いします。

「そのお悩み、保健師が解決!」チラシ [PDF:657KB]

事業者及び従業員の健康相談対応

  • 準備中