独立行政法人 労働者健康安全機構広島産業保健
総合支援センター


メンタルヘルス対策

事業内容

メンタルヘルス対策について

広島産業保健総合支援センターでは、社会的関心が高まっている職場のメンタルヘルス対策について総合相談窓口を開設し、事業場訪問による支援、管理監督者教育の実施、職場復帰プログラム作成支援、情報の提供等を行います。
広島県内の事業場の事業主の方、産業保健関係者、人事労務担当者の方のご利用をお待ちしております。

主な支援は、以下のとおりです。

■メンタルヘルス不調の予防から職場復帰までのメンタルヘルス対策全般について相談、問い合わせに応じます。
■管理監督者向けメンタルヘルス教育

中小規模事業場におけるメンタルヘルス教育の継続的な実施を普及させるため、管理監督者等に対してメンタルヘルス教育のデモンストレーションを行うことにより、メンタルヘルス教育の方法等について助言等行います。

■若年労働者向けメンタルヘルス教育

就労して間もない若年層の自殺防止対策のため、中小規模事業場の若年労働者に対して、セルフケアを促進するための教育を行います。

■メンタルヘルス対策の普及促進のための個別訪問支援

中小規模事業場のメンタルヘルス対策を普及促進するため、行政の支援要請を受けた事業場及びメンタルヘルス対策の導入に係る支援を希望する事業場に対し、事業場のメンタルヘルス対策の導入に関する取組について支援を行います。また、平成27年12月より施行となるストレスチェック制度の導入に係る支援を希望される事業場に対して、事業場を訪問のうえ、メンタルヘルス対策の一環として支援を行います。

※今年度より「心の健康づくり計画助成金」の対象は申込受付順となります(申請件数に上限があります)。また、当該助成金の支給対象となった場合も、振込までに時間を要するため、申請書類が整い次第、できるだけ早めの申請をお願いします。
なお、申請期間中でも助成金支給申請の受付を終了する場合がありますので、御了承ください。

メンタルヘルス対策促進員が事業場を訪問し対応いたします。
提供するサービスは無料です。お気軽にお問い合わせください。

  • ※当センターは、医療行為やカウンセリングのサービスを提供する機関ではありませんので専門家が、必要と判断する場合や繰り返しの相談があるときは、専門機関への受診をご案内する場合がありますので、予めご了承ください。
  • ※個人情報保護の観点から、当センターあてメールに添付してお送りください。

ホームページから申し込む