独立行政法人 労働者健康安全機構広島産業保健
総合支援センター


地域産業保健センター

事業内容

健康診断結果についての医師からの意見聴取(意見聴取)

健康診断の結果、異常の所見ありと判定された労働者に関し、健康保持のための必要措置について、事業者に対し医師が意見を述べます。

労働者の健康管理(メンタルヘルスを含む)に係る相談(健康相談)

健康診断結果について脳・心臓疾患関係の主な検査項目等に異常の所見があった労働者、メンタル不調を自覚している労働者、当該労働者を使用する事業者に対し、医師または保健師が相談・指導を行います。

ただし、メンタルヘルス不調の診断を行うものではなく、日常生活の指導や職場復帰する際の注意事項等の助言を行います。

長時間労働者・ストレスチェックに係る高ストレス者に対する面接指導

時間外労働が長時間に及ぶ労働者や、ストレスチェックの結果高ストレスであり面接が必要と判定され、本人が希望した労働者に対し、医師が面接指導を行います。

また、時間外労働80時間未満の長時間労働者や、ストレスチェックの結果を受けて相談を希望される労働者に対し、医師または保健師が健康相談(面接指導)を行います。

個別訪問による産業保健指導の実施

医師、保健師または労働衛生工学の専門家が事業場を訪問し、作業環境管理・作業管理・メンタルヘルス対策等の健康管理の状況を踏まえ、総合的な助言・指導を行います。

保健師小規模事業場訪問支援

詳しくはこちらをご覧ください。

保健師小規模事業場訪問支援


広島県内の地域産業保健センター

地図