独立行政法人 労働者健康安全機構広島産業保健
総合支援センター


研修のご案内

産業保健スタッフ・人事労務担当者等

不妊治療と仕事の両立支援を考える

日時 2022年10月14日(金)14:00~16:30
内容

 働く女性の健康課題を把握し、女性活躍できる職場づくりについて学ぶ

 近年、生殖補助医療による出生児の割合も増加し、2019年では、全出生時の7.0%を占めています。

 また、不妊の検査や治療を受けたことがある夫婦の割合は35%で、夫婦全体の2.9組に1組の割合となり、また、実際に不妊の検査や治療を受けたことがある(または現在受けている)夫婦は18.2%であり、夫婦全体の5.5組に1組となっています。
 しかしながら、約8割の労働者は不妊治療に係る実態を理解しておらず、また、約70%の企業で、不妊治療をおこなっている従業員の把握ができていない上、仕事と不妊治療の両立ができず、「仕事をやめた」、「不妊治療をやめた」、「雇用形態を変えた」等が、35%という状況です。
 

 また、更年期障害を経験した人数は、75万人と推計され、更年期症状によって、「仕事を辞めた」、「仕事を辞めることを検討した」や「降格した」「昇格辞退」、「雇用形態の変更」など、15.3%に及ぶとされています。

 このような実態を踏まえ、女性特有の健康課題を理解し、安定的な労働力が確保できるよう、女性も男性も働きやすい職場づくりに向けて、研修会を開催します。

 <<プログラム>>

 1.「最新不妊治療の実際とワークライフバランス~働き続けながら安心して妊娠・出産を迎えるために~」
  質疑応答          
  講師:医療法人 絹谷産婦人科 院長 絹谷 正之 氏
 
 2.「女性の健康リテラシーの向上に向けて~知っておきたいセルフケアから運動療法まで~」
  質疑応答
  講師:産業保健相談員 松本 直子
 
 3.「不妊治療を受けながら働き続けられる職場づくりのために」
  講師:産業保健専門職 寺村 清美
 

※事前に,皆様より悩んでおられる事例など講師への質問を受け付けています。
 研修申込のフォームに記入欄を設けておりますので,是非質問をお寄せください。
  
 
講師 医療法人 絹谷産婦人科 院長 絹谷 正之氏  産業保健相談員 松本 直子  産業保健専門職 寺村 清美
形式 WEB形式
場所
定員 100名
単位 -

講師に質問がある方はこちらへ入力ください。