独立行政法人 労働者健康安全機構広島産業保健
総合支援センター


研修のご案内

産業保健研修

産業事故予防のための「居眠り」対策

日時 2023年3月24日(金)15:00~16:30
内容
 睡眠時無呼吸症候群(SAS)のかたは、睡眠中に何回も無呼吸が起きても、自覚症状が無いためか受診が遅れ、職場や生活の中で「少しおかしいな」、「変だな」と思っても治療にメリットがないと感じ、なかなか受診しないものです。
 しかしながら放置していると、眠気のせいで日中、仕事に集中できなかったり、居眠り運転をしてしまい、重大事故につながることもあります。
 SASを放置していると、高血圧、脳血管障害、虚血性心疾患、糖尿病なども引き起こします。病気の概要、症状、検査・治療法等を理解し、悪循環を断ち切り、循環器疾患、生活習慣予防に従業員が取り組めるよう、産業保健スタッフとしての支援方法を学びましょう。
講師 広島産業保健総合支援センター 産業保健相談員 津谷隆史 氏
形式 対面形式、WEB形式
場所 ①WEB形式;Zoom使用       ②オンライン環境が整っていない方;会場(広島産業保健総合支援センター 広島市中区基町11-13合人社広島紙屋町アネクス5階)
定員 ①WEB形式;100名            ②オンライン環境が整っていない方;会場にて5名