研修のご案内

研修のご案内

平成30年度研修会のご案内(受講料は無料です。)

・当センターの実施する研修会は、原則無料です。(市販テキスト使用の場合等は除きますが、特に記載がない場合は無料です。)

・すべての単位認定は認定機関に申請中のものです。

・やむを得ず遅刻しての受講や、早退は可能ですが、認定単位シールは出ませんので、あらかじめご了承願います。

・受講申込み後、キャンセルされる方は、必ずご連絡下さい。(一人でも多くの方に参加していただくためにお願いいたします。)

・研修会場は研修会ごとに異なります。ご注意ください。

☆ お申込みをされた場合は、当センターから必ず受付確認の返信をさせていただいております。ご確認ください。その際、gmailなどのフリーメールをご利用いただいている方は、当センターからのメールが迷惑メールに振り分けられている場合があるので、そちらもご確認ください。
お申込み後、2,3日経過しても当センターからの連絡がない場合は、お手数ですが、ご連絡をお願いいたします。

*****************************************

【事業者の皆様へ】~実地研修の開催にご協力をお願いします~

当センターでは産業保健スタッフを対象とする各種の研修を開催しておりますが、実際の職場を巡視して行う実地研修の会場の確保に苦慮しております。つきましては、20名程度の参加者の作業現場への立入と座学講義が可能な施設をお持ちの事業者様で、実地研修の開催にご協力いただける場合には、本ページ「お問い合わせ」フォームにてご連絡くださいますよう、よろしくお願いいたします。 

****************************************

【各研修会会場のご案内】…該当する研修会会場をご確認下さい。
※広島産業保健総合支援センター会議室

※合人社広島紙屋町アネクス

※合人社広島紙屋町ビル

※合人社ウエンディひと・まちプラザ(旧名称:広島市まちづくり市民交流プラザ)

※IG石田学園ビル

※広島YMCA

★★★ ホームページをご覧いただき、研修会によっては「満席」となっており、お申し込みができない場合がございます。
その際は、キャンセル待ちをしていただきますと、空きが出ましたら、ご連絡させていただきます。
ご希望の方は、メールアドレス:info@hiroshimas.johas.go.jp へ「キャンセル待ち希望」でお名前・所属機関・ご希望研修番号・ご連先をお送りください。★★★

*******事前に質問がありましたらこちらから*******

特別研修

申込 研修番号 研修日時 研修タイトル 講師 単位 空き状況

産業医研修

申込 研修番号 研修日時 研修タイトル 講師 単位 空き状況
C0110 1月10日(木)  15:00~16:30 腰痛予防対策について
腰痛は業務上疾病の6割を占めており、労働衛生対策の主要課題の一つである。事業者が適切に腰痛予防対策をすすめるために、厚労省は「職場における腰痛予防対策指針」を公表している。本研修では、これら指針に基づく腰痛予防対策の進め方について述べる。
■研修会場:合人社ウエンディひと・まちプラザ北棟5階研修室B(広島市中区袋町6-36)
■定員:50名 ※保健師・衛生管理者等も受講可
産業保健相談員
(労働衛生工学)      元田勝之
生涯専門3
(1.5単位)
空席
C1206 12月6日(木)  15:00~16:30 作業環境と産業医の関わり
作業内容に応じて作業環境測定が義務づけられているが、職場巡視などを通じての産業医の関わりについて研修する。
■研修会場:合人社ウエンディひと・まちプラザ北棟5階研修室C(広島市中区袋町6-36)
■定員:50名 ※保健師、衛生管理者等も受講可
産業保健相談員
(労働衛生工学)      大西 修三
生涯専門6
(1.5単位)
空席
C1129 11月29日(木)  15:00~16:30 行政通達による特殊健康診断
労働安全衛生法により定められた特殊健康診断の他に、特定の物質を扱ったり、特定の業務に就いたりする場合には、行政からの通達により指導勧奨されている特殊健康診断がある。通達の内容について研修する。
■研修会場:合人社ウエンディひと・まちプラザ北棟5階研修室C(広島市中区袋町6-36)
■定員:50名 ※衛生管理者等も受講可
産業保健相談員
(労働衛生工学)      大西 修三
生涯専門8
(1.5単位)
空席
A1122 11月22日(木)  14:30~16:00 海外赴任者の健康管理
グローバル化に伴って昨今の企業の海外進出は目覚ましく、海外へ派遣される労働者も増加している。海外勤務は国内とは違って健康障害リスクも高い上、言葉の壁もあり対応が遅れがちになる。海外赴任者の実態から健康管理のポイントを学ぶ。
■研修会場:石田学園ビル3階131号室(広島市中区立町2-25)
■定員:50名 ※医師・産業保健師・衛生管理者・労務担当者も受講可
産業保健相談員
(保健指導)      尾原 寿子
生涯専門3
(1.5単位)
空席
C1025 10月25日(木)  15:00~16:30 電離放射線の管理について
電離放射線の有害性、被ばく限度等の基礎知識や電離放射線障害防止規則に基づく管理のしかたを述べるとともに測定器を用いた測定実習を行う
■研修会場:合人社ウエンディひと・まちプラザ北棟5階研修室C(広島市中区袋町6-36)
■定員:50名 ※医師・衛生管理者等も受講可<終了いたしました。>
産業保健相談員
(労働衛生工学)      元田勝之
生涯専門8
(1.5単位)
終了
I1004 10月4日(木)  14:00~16:00 石綿関連疾患診断技術研修
呼吸器系の疾患を取り扱う医師を対象に、中皮腫、肺がん、石綿肺、びまん性胸膜肥厚、良性石綿胸水等の石綿関連疾患に係る適切な診断技術の向上及び労災補償上の留意事項の周知を図ることを目的とする。
■研修会場:石田学園ビル3階131号室(広島市中区立町2-25)
■定員:50名 ※医師も受講可<終了いたしました。>
(独)環境再生保全機構石綿健康被害救済部顧問医師    森永 謙二 生涯専門3
(2単位)
終了

職場巡視(産業医研修)

申込 研修番号 研修日時 研修タイトル 講師 単位 空き状況

衛生管理者等研修

申込 研修番号 研修日時 研修タイトル 講師 単位 空き状況
D1215 12月15日 (土)
15:00~17:00
職場におけるセクシュアル・マイノリティの理解と支援
セクシュアル・マイノリティと呼ばれる人々は、人口の8%存在することが明らかになっており、ダイバーシティとインクルージョンが推進されている今、職場の人々にもこのような方々への適切な対応が求められています。今回、セクシュアル・マイノリティに関する基礎知識や対応技術の向上を目的とした研修を企画しましたので多くの方々の参加をお待ちしております。
■研修会場:広島YMCA本館403号室(広島市中区八丁堀7-11)
■定員:50名
※産業医、保健師、労務担当者等も受講可
筑波大学人間系 准教授    大塚 泰正 - 空席

産業保健師研修

申込 研修番号 研修日時 研修タイトル 講師 単位 空き状況
H0122 1月22日 (火 )
14:30~16:00
産業保健計画の立て方
2018年度もそろそろ終わり。活動のまとめや反省を行う時期になりますが、さて来年はどんな活動を取り入れようかと考えた時、産業保健スタッフの役割/使命・目指す姿(方向性)・優先順位が明確にされていないと迷ってしまいます。またそれぞれの活動には目的・ゴールがあるはずです。産業保健活動の計画を立てる際の基本的考え方について学びましょう。
■研修会場:広島産業保健総合支援センター会議室(広島市中区基町11-13合人社広島紙屋町アネクス5階)
■定員:20名
※衛生管理者、労務担当者等も受講可
産業保健相談員
(保健指導)    尾原 寿子
- 空席
H0116 1月16日 (水 )
15:00~16:30
健康で活き活き職場にするためポジティブメンタルヘルスを考えてみよう
最近、ワークエンゲイジメントの言葉が広がっています。職場や個人の強みを伸ばし、企業の人事・経営の協力関係を大事にして、社員づくりをするためにどうしたらよいか考えてみよう。
■研修会場:広島産業保健総合支援センター会議室(広島市中区基町11-13合人社広島紙屋町アネクス5階)
■定員:20名
※衛生管理者、労務担当者等も受講可
産業保健相談員
(カウンセリング)    木原 徹
- 空席
H1212 12月12日 (水 )
14:30~16:00
個人・職場が主体となって健康行動を起こす「健康チャレンジ」・「活動量計」の紹介
健康診断結果の有所見者は生活習慣に起因するものが多く、都度保健指導を行ってもなかなか改善に結びつかない。そこで個人・職場が主体となって自ら健康目標を掲げ、取り組む方法の一つ「健康チャレンジや活動量計の活用」について紹介します。
■研修会場:広島産業保健総合支援センター会議室(広島市中区基町11-13合人社広島紙屋町アネクス5階)
■定員:20名
※衛生管理者、労務担当者等も受講可
産業保健相談員
(保健指導)    尾原 寿子
- 空席
H1204 12月4日 (火 )
14:00~16:00
事例検討から考える「働きやすい職場づくり」④~攻撃的な人への対応について~
「働きやすい職場づくり」への取り組みについて何ができるか事例をもとに検討していきます。今回は「攻撃的な人への対応」について考えます。各職種の役割や専門家等との連絡についても話し合う機会にします。
■研修会場:広島産業保健総合支援センター会議室(広島市中区基町11-13合人社広島紙屋町アネクス5階)
■定員:20名
※衛生管理者、労務担当者等も受講可
産業保健相談員
(産業医学)     岡本 和子
- 空席
H1106 11月6日 (火 )
14:00~16:00
リラクゼーション法≪職場で活用できる自律訓練法指導の実際と効果≫
自律訓練法は、1932年にドイツの神経科医シュルツによって体系化され、自己暗示により催眠状態をつくり、自分自身でいつでもどこでも行えるという良さがあり、種々の効果が実証されている心理生理的訓練法です。研修会の演習で体験していただき、職場で指導・展開してみませんか。
■研修会場:広島産業保健総合支援センター会議室(広島市中区基町11-13合人社広島紙屋町アネクス5階)
■定員:20名
※衛生管理者、労務担当者等も受講可※THPレベルアップ研修単位1単位<終了いたしました。>
産業保健相談員
(カウンセリング)  加登 朝子
THPレベルアップ研修単位1単位 終了
H1101 11月1日 (木 )
14:30~16:00
強みと弱みを生かすメンタルタフネス
「弱みを話し合うと生産性が向上」とのグーグルの研究成果がでました。ポイントは『心理的安全性』。強みを生かし、弱みが話し合える環境にするための手法を提案します。
■研修会場:広島産業保健総合支援センター会議室(広島市中区基町11-13合人社広島紙屋町アネクス5階)
■定員:15名
※産業医、衛生管理者、労務担当者等も受講可<終了いたしました。>
産業保健相談員
(カウンセリング)   森田 由美子
- 終了
H1031 10月31日 (水 )
14:30~16:00
メンタルヘルス教育を再考する~ハラスメント防止の視点から~
近年職場におけるメンタルヘルス不調とハラスメントの問題との関連性が注目されています。そこで、ハラスメントが与える心へのダメージのメカニズムや、ハラスメントをする側の心理的特徴等を理解し、ハラスメントの問題をメンタルヘルス教育の中にどのように取り入れていくと、より有用な教育となるかを検討します。
■研修会場:広島産業保健総合支援センター会議室(広島市中区基町11-13合人社広島紙屋町アネクス5階)
■定員:20名
※衛生管理者、労務担当者等も受講可※THPレベルアップ研修単位1単位<終了いたしました。>
産業保健相談員
(カウンセリング)   北野 智子
THPレベルアップ研修単位1単位 終了
H1019 10月19日 (金 )
14:30~16:00
高齢労働者の健康管理について
企業では定年延長や再雇用制度により高齢労働者が多く雇用されている。今後労働人口減少が問題となる中、高齢労働者の活用は益々重要である。高齢労働者の特徴や健康面での個人差等理解し、産業保健スタッフが行う健康教育の内容について学ぶ。
■研修会場:広島産業保健総合支援センター会議室(広島市中区基町11-13合人社広島紙屋町アネクス5階)
■定員:20名
※衛生管理者、労務担当者等も受講可<終了いたしました。>
産業保健相談員
(保健指導)    尾原 寿子
- 終了